■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

レーシックというのは、目の表面に位置している角膜の形を自分の目の形に合うようにしてレーザーで調節していきます。
そしてレンズの光の屈折を正しい状態にしていきながら焦点を合わせて視力を回復させていく手術となります。

 

レーザーで形を整える角膜の厚みが十分確保されていれば、レーシックで遠視を矯正することが出来ます。
もしその点で心配なことがあるようでしたら、一度事前検査をして適正かどうかを調べてみると良いでしょう。
誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。 レーシックで遠視の矯正が可能なのか、という問い合わせがクリニックの方に頻繁にあるようです。
この答えはレーシックで遠視の矯正をすることは、十分に可能という答えとなります。

 



■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:201126

皆様は
「国立病院シェイプアップ」というシェイプアップ法を、
聞いたことありますか?

これは、
ノルウェーの
肥満治療を行なっているクリニックが提唱したという説や
ノルウェーにある国立病院で提唱されたという説などがありますが、
はっきりとわかっていません。

日本の国立病院では、
このシェイプアップ方法は全く無関係であると言っています。

また、
国立病院シェイプアップには
おかしな点もあります。

この国立病院シェイプアップとは、
どのような方法なのかというと…

と二週間いう期間の中で
決められたメニューだけを食べ続けるという
シェイプアップ法です。

主なメニューは
ゆで卵、グレープフルーツ、ブラックコーヒーなどで、
かなり栄養が偏っていますよね。

これを食べ続けることで、
体内組織が化学変化を起こして、
太りにくい肉体になるということなのですが、
実際にはあり得ないことだそうです。

かなり怪しいシェイプアップ法だと思いませんか。

実際に
このシェイプアップ法を試してみた人の話では…

2日間は頑張ってみたそうですが、
みっか目頃から血糖値が急激に下がってしまい、
震えがするなど、肉体の調子が悪くなってしまったそうです。

その結果、確かに痩せたそうですが、
かなりやつれてしまい、
全く美しさがなくなってしまったとのこと…

この国立病院シェイプアップのほかにも、
怪しい危険なシェイプアップ方法はたくさんあると思います。

提唱者が不明なものや
内容がおかしなものは、決して試してみたりしない方がいいと思います。

肉体を悪くしてしまっては、
元も子もないですもんね。




レーシック情報@ レーシック情報A レーシック情報B レーシック情報C レーシック情報D