■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

レーシックとは、既に欧米では10年以上の実績を持っている比較的有名な手術方法です。
日本国内におきましても非常に多くの人が受けており、国内での手術の失敗はまだ報告されていません。

 

レーシックの手術では、当然眼科の専門的な知識は必要ですが、同様にレーシックの手術をどれだけ経験したかということも重要です。
実績のあるクリニックに在籍をしている医師でしたら安心してレーシックを受けることが出来るでしょう。
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 レーシックの手術を実施するのは、人間ですので、どうしてもそこには失敗をしてしまうリスクがあります。
しかしレーシックの手術をした時の失敗の可能性というのは、一般的な手術と同様で高い確率のものではありません。

 



■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切ブログ:210128

間もなく臨月を迎える嫁の腹は、
「これでもかっ!!」というくらい
大きく突き出しています。

時にはムニムニと、時にはボコッと動く、
パンパンに張った腹を撫で回すのが、
最近のおれの楽しみと癒しとなっています。

腹を撫で回しながら、
嫁と子供のことについて話をするのもまた、
おれにとっての楽しみであり、癒しなのです。

話すといっても、
「どっちに似てるのか?」とか、
「ここは嫁に似てるといいな」とか…
そんなたわいない話なんですけどね。

そんな話の中で、
この子供の遺伝子は50%がおれ、50%が嫁でできている
という話をしていました。

当たり前といえば当たり前の話なんですが、
おれと嫁の遺伝子を併せ持つ存在なんだということに
感心していたのでした。

これまた当たり前なんですが、
おれと嫁は夫婦ですが、赤の他人です。
心のつながりはあっても、遺伝子の交わりというのはありません。

その、おれや嫁ではどう頑張っても持てないものを、
この子供は持っているんだということに感心しました。

そこから話が広がりまして、
おれの遺伝子を50%引き継いでいるということは、
おれのお父さんとお母さんの遺伝子を
25%ずつ引き継いでいるということになります。

それと同じように、
嫁のお父さんとお母さんの遺伝子を
25%ずつ引き継いでいます。

それぞれの父母のお父さんとお母さんの遺伝子も引き継いでいて、
おれと嫁それぞれの兄弟姉妹とも血がつながっていて… 
と辿っていくと、そこには本当に多くのつながりがあります。

この子供は、それら全てのつながりを受け継いだ
「つながりの結晶」なんだということに改めて気づき、
それだけで感動と畏敬の念を抱いたのであります。




レーシック情報@ レーシック情報A レーシック情報B レーシック情報C レーシック情報D