■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

そもそもレーシックというのは、角膜の厚みが十分にある人にしか適用されることの無い手術方法となっています。
つまりレーシックによって痛みが生じるなんてことはほぼ無いといえるのです。

 

レーシックの手術は人の手を使って実施されるものですので、まだ十分な経験と知識のない医師はいます。
そのような医師の場合には、失敗して多少の痛みを生じてしまうことも考えられます。
レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 レーシックの手術をするに当たり、多くの方が気にしていることと言えば、手術中に痛みがあるかどうかということです。
レーシックにおきましては目の角膜の部分を手術によって治療がされるので、やはり痛みは気にしてしまうことだと思います。

 



■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうかブログ:210412

(*´Д`人)コン(人´Д`*)バン(*´Д`*)ゞh♪

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装したお子様たちが
「Trick or treat?(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のお菓子メーカーが放っておくわけもありませんでした。

チョコやクッキーのように
限定したお菓子ではなく、
お菓子という括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

ショートケーキはもちろんのこと、
お煎餅や大福までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りや体操会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

お子様たちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
バングラディシュではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もお菓子もその言葉だけで
お子様たちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

どんとはれ

レーシック情報@ レーシック情報A レーシック情報B レーシック情報C レーシック情報D