■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

そもそもレーシックというのは、角膜の厚みが十分にある人にしか適用されることの無い手術方法となっています。
つまりレーシックによって痛みが生じるなんてことはほぼ無いといえるのです。

 

レーシックの手術は人の手を使って実施されるものですので、まだ十分な経験と知識のない医師はいます。
そのような医師の場合には、失敗して多少の痛みを生じてしまうことも考えられます。
レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 レーシックの手術をするに当たり、多くの方が気にしていることと言えば、手術中に痛みがあるかどうかということです。
レーシックにおきましては目の角膜の部分を手術によって治療がされるので、やはり痛みは気にしてしまうことだと思います。

 



■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうかブログ:190727

モチベーションが低下している時って
腕立てなどを最初から50回、100回やろうとすると、
やる前から気が滅入ってやる気が無くなってしまいます。

僕は日々、
8時に腕立て80回を日課にしているのですが、
最初から「絶対80回やるぞ!」と
意気込んでやっているわけではありません。

「ちょっと8時寝坊しちゃったし、調子も良くないから
 今日は20回くらいしかできないかもしれないけど
 とりあえずやっておこう」

そんな気持ちで初めて、やっているうちに
「まだできるぞ!えーい80回やっちゃえ!」って感じで
日々続けています。

始める時はモチベーションが落ちていて当然です。
そんな時に
無理やり自分を奮い立たせようとするのはエネルギーが要ります。

もちろんやる気満々のエネルギッシュな人は、
それで行動できるんでしょうが、
そうでない僕のような人は、
日々そんな風にエネルギーたっぷりに行動できるわけではありません。

今まではこんな自分を見て
「だからダイエットできないんだ…」
と思っていました。
みなさんの中にも、そう思っている人は多いのではないでしょうか?

でも、ちょっとした心の持ち方で変われると思うんです!

「とりあえず5回でも10回でもやってみよう」
という
「とりあえず」の気持ちを大事にして、
回数を減らしてもいいから日々続ける…

日々やれなくて1日休んだ日があったとしても、
「とりあえず」次の日から再開する…

夕方食でも食べ過ぎた日があってもいいから、
次の日は「とりあえず」元のダイエット生活に戻す。

そんな「とりあえず」な気持ちの持ち方が、
僕のような根性無しの人でも
ダイエットを続けさせてくれて、
大きな成功につながる原動力になると思っています。


レーシック情報@ レーシック情報A レーシック情報B レーシック情報C レーシック情報D