■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について


■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
レーシックというのは、最近の技術向上によってどんどんと安全性が保証されてきています。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。

レーシックの手術を受けている人で、大抵裸眼での視力が1.0よりも低い人であり約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。
もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。 レーシックの手術で、視力がどの程度まで回復をするのか、ということはレーシックの手術を受ける方たちにとっては大変重要なことだと思います。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。





■レーシック情報:レーシックでの視力回復についてブログ:201126

運動は、ダイエットには有効だと思います。
でも、運動のタイミングや頻度を間違えると、
運動しているのにまったくやせないということもあるんですよね。

「3ヶ月も頑張っているのに、全然やせない!」
これは、少々ハードな運動を始めた人が陥りやすい錯覚なんです。

どれだけハードな運動をこなしたとしても、
1日で消費したエネルギー以上に食べていればやせることはありません。

「これだけ運動したのだから、少し多く食べても大丈夫」
というのは間違いです。

実際、1回の運動による脂肪燃焼の効果というのは、
ごくわずかなのだそうです。

そこへ運動したことを口実に
いつも以上にエネルギーを摂取すれば、脂肪が増えて当然!

運動することでダイエットにつながるのは、
エネルギーの消費だけではなく、
筋肉量の維持や増加で基礎代謝量を増やして、
太りにくい体質にしていくことにあるのです。

運動を始めるのであれば、
最低でも現状の食べる事量を維持、または減らすことが最優先です。

運動をダイエットに取り入れる場合は、
定期的にできる運動を選ぶことが絶対条件です。

どんなにハードな運動でも三日坊主では何もなりません。
しないよりはましでしょうが、
1週間に1度程度の激しい運動をしても、
それほどダイエットには効果が無い場合が多いのです。
少なくとも週に3回程度できる運動が良いとされています。

しかし、どんなにきつい運動でも
根性で続ければよいのかと言うと…それも疑問です。
自分がこれなら続けられるという運動が一番です。

きついだけでまったく興味がない運動であれば、
思うように効果が出なければすぐにやめたくなるものです。

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

★メニュー

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)短時間で終わって安心のレーシック手術