■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

レーシックというのは、最近の技術向上によってどんどんと安全性が保証されてきています。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。

 

レーシックの手術を受けている人で、大抵裸眼での視力が1.0よりも低い人であり約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。
もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。 レーシックの手術で、視力がどの程度まで回復をするのか、ということはレーシックの手術を受ける方たちにとっては大変重要なことだと思います。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。

 



■レーシック情報:レーシックでの視力回復についてブログ:200923

減量で失敗してしまう人には、一つのパターンがあります。
それは完璧に何でもこなそうとする傾向です。

「減量中は毎日トレーニングする」とか
「減量している間はおかしを食べてはならない」と
あまりにも厳しく自分を律してしまうわけです。

一見、素晴らしい心構えだと思いますが
このようにあまりにも自分を追い込んでしまう人は、
あきらめも早いんですよね。

たった一度でも、自分が決めた減量のルールを破ってしまうと
「もうわたしはダメだ」という風に思ってしまいがち…
せっかく今まで頑張ってきた減量も、
ちょっとしたミスによって、すべてが意味がないように錯覚してしまうんです。

毎日、自分に課したルールを厳格に守るという発想は、
24時間とか、ごくごく短期間で区切るからいけないのかもしれませんね?

ですから、減量のやり方について、
一週間ぐらいの少し長めのスパンで区切って、
見つめなおしてみたらどうでしょうか?

一週間ぐらいで減量の反省をすれば、
減量の成功失敗の見え方も変わってくるはずです。

24時間単位でみると、
夕食を食べ過ぎただけで、失敗に見えてしまいます。

ところが何日かまとめて区切った場合、
24時間ダイエットにとってよくないことをしたとしても、
ほかの日でリカバリーしていれば問題はありませんよね?

決めた期間の中で減量にとって
プラスになることマイナスになることを総合的に計算をしてみて、
結果プラスになっていれば、
減量は前進しているという結論になります。
こうして考えていくと、減量中でも息抜きをしやすくなりませんか?

「緩急をつける」
これが減量の基本だと、わたしは思います。


レーシック情報@ レーシック情報A レーシック情報B レーシック情報C レーシック情報D